客観的に判断してくれる弁護士

ニュース

2018/07/26
無料相談を活用し弁護士に相談を更新しました。
2018/07/26
弁護士に頼ればお得になる可能性もあるを更新しました。
2018/07/26
交通事故時にも妥当な賠償金を手にしようを更新しました。
2018/07/26
客観的に判断してくれる弁護士を更新しました。

交通事故の際は慌てず適切な初期対応を心がけよう

交通事故が起きた時は、お互いがパニックになりがちです。それぞれの主観がぶつかってしまうことも多々あるので、初期対応をしっかりと行うことが重要となります。交通事故が起きた時、まずはけが人がいる場合には、その救出が第一です。それから、必ず警察に連絡するようにしましょう。
警察が来るまでの間、次にすべきことが、現場の把握です。信号はどうだったか、車のスピードや意思表示は適切だったのか等を思い返しておくことで、話し合いをスムーズに進めることができます。もし現場に目撃者がいる場合、同行してもらったり、無理なら連絡先を聞いておきましょう。客観的な視点からの意見は、納得できないような自分に不利な状況の回避に繋がります。
交通事故が起きた時は、事故問題に強い弁護士に相談するのがオススメです。法律のプロである弁護士の力を借りることで、示談を有利に進められます。事故問題に強い弁護士であれば、交通事故に関する様々なケースの経験値から、適切な対応をしてくれるのです。法律にあまり詳しくない人でも、安心して任せることがてきます。後々困らないためにも、交通事故が起きた時の初期対応について、しっかりと復習しておきましょう。

交通事故が起きた時にやってはいけないこと

交通事故を起こしてしまった時、焦って頭が真っ白になる人は多いことでしょう。しかし、そんな非常事態だからこそ、冷静に正常な判断することが求められます。そのためにも、万が一に備えて、やるべきことを把握しておかなければなりません。では、交通事故を起こした時にやってはいけない、NGなことについてご紹介します。
交通事故が起きた時は、当事者同士で解決しようとするのではなく、まずは警察に連絡するようにしましょう。警察に連絡しないと、その後もし賠償金の問題が生じた時に、事故との関係性が証明できず、請求できない場合があるのです。また、保険会社に任せっぱなしにすることも、損をしてしまう可能性があります。保険会社の損得の関係上、保険金が低く交渉されてしまうかもしれないのです。
ですので、交通事故を起こした時は、事故問題に強い弁護士に相談しましょう。豊富な実績の元、クライアントが少しでも損をしないように、全力を尽くしてくれるのです。動く金額が大きい交通事故案件だからこそ、弁護士はそのジャンルに強い人を選ぶ必要があります。パニックになりがちな交通事故だからこそ、やってはいけないことを今から頭に入れて、少しでも冷静に行動できるように心がけましょう。

ニュース

2018/07/26
無料相談を活用し弁護士に相談を更新しました。
2018/07/26
弁護士に頼ればお得になる可能性もあるを更新しました。
2018/07/26
交通事故時にも妥当な賠償金を手にしようを更新しました。
2018/07/26
客観的に判断してくれる弁護士を更新しました。